お客様アンケートの取り方

お客様の声は、
強力な集客ツールです。

効果的な、お客様の越えの取り方、
アンケートの取り方を
ご紹介します。

□ 3択の回答は間違い

「はい」
「いいえ」
「どちらともいえない」というような
3択回答式は、間違ったアンケート方法です。

3択や選択式は、
集計量が多い時の
ためのものです。

大企業は母数を増やす必要があるので、
そのためにたくさんの人に聞きます。

そして、集計しやすい
選択式を採用します。

この3択式は
お客様の声に具体性が少ないので、
あまり役に立ちません。

量より質を重視したい
あなたのサロンにとっては、
より具体的な答えを書いてもらうように、
自由回答式が、適切です。

→ 質より量 → 3択式アンケート
→ 量より質 → 自由回答式アンケート
ということですね。

□ アンケートに書いてもらうこと

最低限必要な質問項目は
次の6つです。

Q1「来店する前の悩みは?」

Q2「当店を知ったきっかけは?」

Q3「来店に前に持った不安は?」

Q4「他のお店がある中で当店を選んだ決め手は?」

Q5「解決できたことはありますか」

Q6「実際に来店した感想は?」

この6つが最低限、聞いておきたい項目です。



自由回答式アンケートは、
3択式と比べると、
お客様は回答するのが大変です。

できるだけ回答しやすいように
質問の順番を、時系列にしてあげます。

Q1~6の順番は、
来店してから、サービスを受けた後までの
お客様の心の動きと同じにしています。

こうすることでお客様はスラスラと
回答できるようになります。

□ アンケートの価値

アンケートの質門の
価値です。

Q1「来店する前の悩みは?」

→お客様になる予定の人(ターゲット)の
 持つ悩みが分かる

Q2「当店を知ったきっかけは?」

→集客に力を入れるべき媒体が分かる

Q3「来店に前に持った不安は?」

→サービスや集客における改善点が分かる

Q4「他のお店がある中で当店を選んだ決め手は?」

→ライバルと差をつけるポイントが分かる

Q5 Q6「実際に来店した感想は?」

→ベネフィット(サービス後の感動体験)が分かる

いかがでしょうか?
集客に役立つことばかり
分かりますよね。

ターゲットの悩みや
あなたのサロンの強味がわかります。

□ アンケートの生かし方

アンケートは集めることが
目的ではありません。

取ったあと、どう生かしていくかが、
アンケートの価値になります。

例えばキャッチコピーで使うには
Q4かQ5のお客様の声をそのまま書くと
いう方法があります。

ホットペッパービューティーなどの
ポータルサイトやタウン誌などの、
ライバルと比べられる媒体や、
近隣にライバル店が多い場合はQ4を、

それ以外の通常はQ5、Q6を使うなど、
あなたのサロンに合わせて
使い分けをして下さい。

また、サイトやブログに
お客様の声を掲載するなら、
Q5は欠かせません。

サイトやブログから入ってくるお客様は
自分と同じ悩みや紺台を持っている人を、
探しているからです。

自由選択式のアンケートは
お客様に手間を取らせてしまいますが、
それ以上の価値、メリットがあるので、
ぜひ、チャレンジをしてみて下さい。

大事なことは、
集めた後の活用方法です。

お客様の声は、
集客のヒントが詰まっている
宝箱のようなものです。

どんなふうに活用できるかも、
たくさん考えてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする