個人ネイルサロン 独立開業に必要な固定客人数

個人ネイルサロンで、
独立を検討中の方から受ける、
一番多い質問は、

「何人くらい固定客がいたら
独立しても大丈夫ですか。」

というものです。

毎月来てくれるお客さまが
一定数いて、
集客の心配をしなくていいかと
いうことですね。

独立開業の不安、悩みのトップは
資金繰りですが、
2番めは集客の不安、悩みです。

それで、固定客が何人になったら、
独立を考えていいか、という
質問になります。

独立についてのリスクは
資金と集客です。

資金がなければそもそも独立はできませんが、
集客が安定しないと、
独立しても
廃業しなければならないし、
残るのは借金だけということに
なりかねません。

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~

独立して成功する
集客の最低人数は、
経費と客単価によります。

個人ネイルサロンの場合、
経費の大半は家賃と集客経費、
材料費、それと人件費です。

家賃10万円の部屋を借りるなら
その5倍、月50万円の売上は
最低限必要になります。

月25日、1日4人の施術なら、
月100人、
これに80%をかけて、
月平均80人の集客が、
個人としては、ほぼ上限でしょう。

80人集客で
月50万円の売上を上げるためには、
一人あたりの平均単価は
6250円になります。

消費税をプラスして
約7千円になるので、
平均単価7,000円のお客さまを、
月に80人集客できる見込みがあれば、
独立しても、
赤字にならずに営業していける
最低ラインということになります。

開業してすぐに
この最低ラインをクリアできるサロンは
ほぼないでしょう。

だとすれば、
後は、
開業して何ヶ月後に
このラインを達成すれば
よいかという
目標設定が大切になります。

自己資金が潤沢にあれば、
半年後でもいいでしょうし、
余裕がなければ、
3ヶ月後には、
月80人集客が必須条件に
なるかもしれなせん。

そうなると、
今度は
3ヶ月後に80人集客するためには、
今の段階で
何人の固定客が必要かという話ですが、
問題は、
今の固定客を作るために、
どれくらいの期間がかかったかと
いうことになります。

今現在で
20人の固定客がいるとして、
その20人を1ヶ月で作ったのであれば、
3ヶ月後には
60人になるでしょう。

或いは20人を作るのに
2ヶ月かかったのであれば、
新しい固定客は、
月10人プラスのペースになるはずです。

そう考えた時に、
80人の目標を達成するためにかかる期間を
算出したら、
その期間、生活していける資金準備が
必要になります。

個人ネイルサロン 独立開業のための資金準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする