より大きな気付きをもたらしてくれる、サロンワークの失敗

相手の気持を理解できるようになるためには、
練習あるのみですが、
それには、
サロンワークをたくさん経験するのが、
最も手っ取り早いですね。

お客さまは
1人として
同じ方はいません。

皆それぞれ、
性格も違うし、
個性があります。

そのお客さま一人ひとりと
正面から向き合って、
真剣に、誠実に対応するのですから、
相手の気持ちを理解する、
サロンワークのスキルが、
身につかないはずは
ありません。

とは言っても、
ここで1つの
工夫が必要です。

それは、毎日の
サロンワークの作業で得た気付きを、
その日のうちに
アウトプットをしておくということです。

これは、
アウトプットをすることで、
スキルの蓄積をしていくという、
意味もありますが、
もう一つ、本当の理由として、
あなた自身の心の成長の
手助けをするという、
大きな理由があります。

~☆★~☆★~☆★~☆★~☆★~

サロンワークは
成功することもあれば、
失敗することも
あるでしょう。

そして
より大きな気付きを
もたらしてくれるのが、
失敗したサロンワークです。

あなたは
失敗した理由や原因を
いろいろと
考えると思います。

それを、その日のうちに
アウトプットをしようとすれば、
自然と、
言葉にする練習をするように
なります。

その時にその失敗に対して、
積極的に受け止める練習をすると、
その失敗の
本当の意味がわかってきます。

失敗は、感情的には嫌なもの、
受け入れにくいものなので、
できれば早く
忘れてしまいたいですよね。

放っておくと、
何も気付くこと無く、
まるで
そんなことはなかったかのように、
忘れ去ってしまいます。

そうなる前に
是非アウトプットを
して下さい。

サロンワークの失敗は
気付きの宝庫です。

あなたの心の成長にとって、
とてつもなく大きな
素晴らしい
宝箱なのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする