お客さまを好きになる原動力

お客さまを好きになる気持ちは、
お客さまと信頼関係を築くために
必要なことです。

サロンワークの
第1歩とも言えます。

途中で疲れてしまって、
こんなんじゃいけない、
こんなはずじゃないと思いながらも、
解決策が見当たらないということも
あるかもしれません。

でも、人を好きになるというのは、
本当は簡単なことなのです。



それは、人を好きになるとか
ならないとかいうのは
感情の話だからです。

お客さまを、絶対に、

好きにならなければいけないんだぁ

力むのではなくて、

単純に、お客さまの
未来の姿を
思い浮かべてみましょう。

お客様が喜んでいる姿を
思い浮かべてみましょう。

そして、お客さまと、
喜び合っている自分の姿を
思い浮かべてみましょう。

そうすると、今度は
お客様を喜んでいる自分も
好きになってきます。

自分を好きになる練習は、
毎日の些細なことでも
練習できます。

そうして自分を好きになる下地が
できている人は、
お客さまを好きになる努力を
できるようになります。

お客さまのことをよく知って、
お客さまを好きになって、

そして、
お客さまに好きになってもらう。


これが、リピーター作り、
集客の王道です。

やはり出発点としては、
まず、あなた自身が
自分を好きになって、
お客様を好きになる。

サロンワークは、
ここからがスタートと
言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする